« 日本決勝トーナメントへ | トップページ | ベスト8目前、散った西野ジャパン »

2018年7月 2日 (月)

ベスト8かけベルギー戦

 平和&スポーツあれこれ

   こんばんわ!

お元気ですか!?

18時になり、緊急にブログを作りましたが、

もうすぐ19時です。     

ぼくは、

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

さて、

今日これから

正確には日本時間7/3の午前3時から、

ロシア2018ワールドカップ、

ベスト8をかけてベルギーと戦います。

サッカーファンのあなた、

観てから眠りますか、眠ってから観ますか、

それともビデオ録画?

で、

ベルギーの豆知識を(主としてウィキペディア)。

もちろん、そんなに熱くなってないよ、と言う人も多いのは分かってますよ!

1.ベルギー

(1)場所 西ヨーロッパ位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせて、ベネルクスと呼ばれる。

(2)人口 1100万人

(3)面積 3万㎢(日本の九州よりやや小さい)

(4)首都 ブリュッセル(EUの主要機関のが多く集まりEUの首都と言われています)

(5)公用語 連北半分がオランダ語圏、南半分がフランス語圏だが、ドイツ語も公用語とされています。

(6)スポーツ 

1920年、アントワープで第7回の夏季オリンピックが開催され、その時は、第一次世界大戦の敗戦国ドイツ、オーストリア、ハンガリー、ブルガリア、トルコは参加が禁止されました。因みに、この大会から初めてオリンピック旗が掲げられ、初めて選手宣誓が行われました。日本で初めてメダルを獲得したのも、この大会です(テニスダブルスで熊谷一弥・柏尾誠一郎組、そしてシングルス熊谷一弥が、いずれも銀メダル)。

(7)その他 

宗教はローマカトリックが75%、プロテスタントが25%ですが、イスラム教はユダヤ教などの信者もいるとのことです。

上記アントワープは北部の港町にあり、画家ルーベンスと小説「フランダースの犬」の舞台としても知られています。

日本とは1866年に外交関係を樹立、ベルギーに進出している日本企業は、約230社あるとのことです。

2.ベルギー戦のみどころ

今回(3日午前3時~)の試合のみどころは、

個々の力を含め総合力で

明らかに有利と思われるベルギーに、

日本の組織力での対抗がどこまで通用するかでしょう。

つまり、

強靱な身体と高い技術を備える予選2試合出場で4得点、190㎝・93㎏のルカクを頂点に、左にアザール、右にメルテンスの前線トライアングルによる攻勢を、日本が防ぎきれるかです。

ベルギーの予選最多の9得点は、大きな脅威です。

ただ、タレントが揃うが故に個々が自我を出し過ぎ、チームとしてまとまりを欠くきらいがあるとも指摘されており、その辺り日本につけ込むチャンスがあると言えそうです。

ご存じのとおり、予選3戦全敗との予測も有力でした。

ベスト16は到底無理との予測のサムライブルー日本です。

失うものは何もありません。

なお、

サッカーFIFAランクでベルギーは3位。

ベスト16の中では、ブラジル(2位)に次ぐ強豪です。WCではこれまでベスト4が最高。チームの愛称は「レッドデビルズ=赤い悪魔」。

因みに日本は61位で、WCでのこれまでの最高は過去2回ベスト16。

3.本当に大切なこと

分かったようなことを書きましたが、

本当に大切なのは、スポーツの原点に戻ることです。

つまり、

スポーツ=デポルテの語源である「楽しむ」ことを原点にしましょう。

特に私たちサポーターは大いに楽しんだらよいのです。

もちろん結果として勝利の方がうれしいし良いに決まっています。

でも私たちサポーターは当然のことですが、競技する選手にとっても、

スポーツにおける、「負けるが価値」を理解していただきたいと思います。

そのことを念頭に置いた上で、

実は、とてもいい啓示があります。

ベスト16の戦い最初の4試合、

いずれも、FIFAランク下位の国がベスト8に進んでいるんです。

つまり、

ウルグアイ(14位)がポルトガル(4位)を2-1、

フランス(7位)がアルゼンチン(5位)を4-3,

ロシア(70位)がスペイン(10位)をPK戦(4-3)、

クロアチア(20位)がデンマーク(12位)をPK戦(3-2)、

でそれぞれ勝っているのです。

さあ、

7月3日、午前3時、キックオフ!!

 

それでは、

今日の一曲  

では、

栄光の架橋

これは、オリンピックでの歌ですが、

元気づけに行きましょう。

ゆずです。

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会 )より

買って頂いている方、今回は、

試合までの時間、

またはハーフタイムで

44p「スポーツにおける『負けるが価値』、

吉田沙保里の涙」を読んで下さい。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

ベルギー戦、応援しましょう!

ニッポン、チャチャチャ!!

ニッポン、チャチャチャ!!

ニッポン、チャチャチャ!!

また、覗(のぞ)いてくださいね。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

2017年 民事法研究会  2800円+税

を読んでください。

筆者としては、

まずコラムを読んでいただきたいです。

また、

スポーツ基本法のコンメンタール部分は飛ばしていただき、

最後に読んでいただくと良いと思います。

2018(平成30)年7月2日  

        (NO.140)

スポーツ弁護士のぶさん こと

弁護士辻口信良

太陽法律事務所

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

→友人の辻井一基(つじいかずもと君のブログで、

おもろいもんを見つけてね!

 

« 日本決勝トーナメントへ | トップページ | ベスト8目前、散った西野ジャパン »

ガンバれ!!ニッポン」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。こんばんは。ブログ読ませていただきました。
皆さん、不眠を覚悟で見るつもりでいるのね。私は不眠が続いたら見ます。
いつも純粋なお気持ちを持っていらして、羨ましいかぎりです。
昔、「楽しかった」と言ったスポーツ選手が、バカな上層部から叱られたこと、ありましたよね。時代は変わったと思います。
私は今回は楽しもうと思っています。雑念が入るから、やっやっこしいことになるのよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本決勝トーナメントへ | トップページ | ベスト8目前、散った西野ジャパン »