« 大相撲と女性差別 | トップページ | ガンバる二刀流大谷翔平 »

2018年4月13日 (金)

女児も土俵に上がれない

 平和&スポーツあれこれ

   こんばんわ!

お元気ですか!?

すっかり、春の陽気になってきました。     

ぼくは、

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

NO.124

では、

平和&スポーツあれこれ

前回に続いて、

単にスポーツ界だけにとどまらない根本的な問題を有する

女性とスポーツ(相撲)

の関係で、次のようなニュースがありました。

1.ちびっ子相撲での女児

 4月6日に開かれた、大相撲の春巡業「宝塚場所」で、力士が子どもに稽古を付ける「ちびっ子わんぱく相撲」への、女児の参加が、今年は断られたとのことです。

昨年は、「女児は未就学児のみ」とした上で、3歳程度~小学6年生を抽選で30人募り、女児は4人、土俵に上がったとのことです。

 しかし、今年は「女児は参加できません」として、全面参加禁止になったとのことです。

2.参加できない理由

 日本相撲協会は、取材に対し

「女の子は、傷が残る」ので募集を止めることにした。

今年の地方巡業は全国で同じ対応を取っている」と明らかにしています。

安全重視だというのです。

 しかし、「傷が残るから」というのは、本当の理由でしょうか。

同じ宝塚市の巡業で、

中川智子市長(もちろん女性)が、

「女人禁制」を理由に「土俵上でのあいさつ」を断られ、土俵下であいさつしました。

 そして、この場合、女人禁制の理由は、

前回述べたとおり「女性は不浄である」が根拠なんです。

3.今後の展開

 ぼくは、前回も述べましたし、

ぼくの「平和学としてのスポーツ法入門」(166p)にも書いているとおり、

公益財団法人日本相撲協会は、

「伝統」の意味をはき違えていると思います。

それでは、

今日の一曲  

明るく

「四季」から 春

ヴィヴァルディ

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会 入門●p)より

時間の都合で、今日も休憩です。

明日、東京で

「第11回 女性スポーツ勉強会」があります。

後日、報告させてもらいます。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗(のぞ)いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

2017年 民事法研究会  2800円+税

を読んでください。

筆者としては、

まずコラムを読んでいただきたいです。

また、

スポーツ基本法のコンメンタール部分は飛ばしていただき、

最後に読んでいただくと良いと思います。

2018(平成30)年4月13日  

        (NO.124)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

 

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

→友人の辻井一基(つじいかずもと君のブログで、

おもろいもんを見つけてね!

 

 

« 大相撲と女性差別 | トップページ | ガンバる二刀流大谷翔平 »

がんばれ!!女性たち」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。