« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月25日 (水)

鉄人衣笠祥雄 死去

 平和&スポーツあれこれ

   こんばんわ!

お元気ですか!?

大変気持ちのよい季候ですが、

朝夕と昼、

また前日との寒暖の差もあり、

体調を崩している人もいるので

気をつけてください。     

ぼくは、

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

NO.126

平和学としてのスポーツ法入門民事法研究会

関連して

鉄人 衣笠祥雄の死

4月23日、上行結腸ガンで、死去。

鉄人は、100歳までは生きてもらわないと困るのに、

残念です・・・。

偉大な記録など、新聞、テレビなどでいろいろ報道されているので、ぼくは、少し違った角度から書いてみます。

1.恩師中村雅彦先生の話

 <太陽法律事務所の事務所報 1993年8月号より>

 衣笠選手は、京都の平安高校(現在 龍谷大平安)の出身です。その平安高校野球部で衣笠選手を指導した中村雅彦先生に、高校生時代の衣笠選手の話を聞いたことがあります。

中村先生は、既に亡くなられましたが、93年頃、ぼくが京都のKBSラジオ、京都放送でニュース番組をもたせていただいており、野球やスポーツのことで、いろいろと教えていただいていました。

<質問> 平安というと、広島カープの衣笠祥雄選手の母校で、中村先生が教えられたんですね。

<中村> そうです。ですが、私は当時衣笠がこれほどの大選手になるとは思ってもいなかったんです。

背は低かったし足も遅いし平安ではとても14人(当時、ベンチ入りできる人数)の中に入るとは思っていませんでした。

<質問> それが、鉄人と言われるスーパースターになったんですよね?

<中村> はい。しかし、彼はレギュラーでなくても練習は熱心でしたよ。

しかも、だれかに強制されてやるのではなく、自主的に黙々と。

そして私がノックするときなど、必ず隣にいて私の言葉や動作を熱心に観察していました。

<質問> 衣笠選手のことで、特に思い出されることはありますか?

<中村> ノック練習のときね、野球を知っておられる方は分かると思うんだけれど、キャッチャーフライでおしまいなんです。

だからどうしても遅い時間になる。

しかも彼は正捕手ではなかったので、一番最後なんですよね。

すると、フライを上げても暗くて見えなくなる。

ところが衣笠は、バケツの中の石灰をボールにまぶして、

もう一球、もう一球とせがむんです。

私がそれを頭上に打ち上げると、白い石灰だけが飛び散って、練習で黒くなったボールはたちまち闇の中へ。

だから、全然違うところへ必死でボールを追いかけたりするわけです。

それで私が、「明日、必ず明るいときに打ってやるから」と言ってなだめて、練習を終わったことを覚えています。

<質問> いかにも衣笠選手らしい粘りですね。

<中村> そうです。とにかく熱心だった。

それで、2年の秋の大会の途中からだったと思いますが、正捕手になり、その後はずっと彼がマスクをかぶりました。

そして春、夏と甲子園に出ました。

衣笠は彼の本の中で「中村先生は、特に細かなことは教えてくれなかった。基本を学ぶことだけ教わった。

自分がやらねばならないと思った」と書いてくれています。

 そのような高校時代だったようです。

あるいは、生い立ちなどで、人には言えない悩みがあったかもしれません。

2.平和の人 衣笠祥雄

 衣笠選手の、平和に対する思いについて次のようなエピソードがあります。

広島に原爆が投下された8月6日の本拠地ゲームで、

広島の選手がユニホームに

PEACE(平和)

HIROSHIMA 86とあしらってプレーした

ピースナイターがあります。

そのことと関連するのですが、

衣笠選手は、

原爆が落とされた8月6日の午前8時15分、

毎年欠かさずに黙とうをしていると話されたことがあります。

広島に入団した新人時代、市内の至るところで市民から「原爆被害の悲惨さを聞かされた」とも語りました。

そして、現役選手たちに、衣笠選手は

「戦中は、野球がしたかったのに戦地にかり出され、無念の死を遂げた先輩たちも少なくありません。平和の尊さと市民球団の誇りをかみしめることで、一球一球に心がこもるようになる」と平和の大切さを語っていたようです。

3.フルスイングの人 衣笠祥雄

 心根が優しいことのエピソードとしては、

1979年8月1日、巨人西本聖投手のデッドボール事件があります。

衣笠選手は、左肩骨折の重傷を負いながら、翌日の試合に代打出場し、江川投手の速球を豪快に3回空振りして三振になりました。

もちろん、連続試合出場がかかっているので意地でも出場という衣笠選手の心意気ですが、その時の

「1球目はファンのため、2球目は自分のため、3球目は西本君のため」という言葉が、

語り継がれています。

死球をを当てた相手方投手をも思いやる優しさです。

 西本投手は、

その後「衣笠さんだけは厳しく内角を攻めるのをやめよう」と誓ったとのことです。

(その結果)衣笠さんによくホームランを打たれ、事実19本と一番被本塁打の多いのが西本投手なのです。

それについても、内角シュート責めを得意とする西本投手は、「天国から衣笠さんに、お前はプロとして甘かったなと言われるかもしれませんが、こんな人格者に死球を当てたらいけないと勝手に思っていました」と、今日の日刊スポーツ紙に書いています。

4.鉄人衣笠祥雄 公式記録

1947年1月18日生(享年71歳)

1975年、山本浩二選手らと初めてセ・リーグ制覇、

その後79年、80年と連続日本一で、

赤ヘル旋風を巻き起こしました。

◆2215試合連続出場(1位)

◆通算安打数2543本(5位)

◆本塁打504本(7位)

◆ベストナイン3回

◆ゴールデングラブ賞3回

◆オールスター出場13回

◆打点王1回、

◆盗塁王1回(決して足は遅くない!)

◆死球161は歴代3位(因みに1位は清原和博)

◆「江夏豊の21球」での逸話も有名です。

◆1987年国民栄誉賞

◆メジャーリーグで2632試合連続試合出場の記録をもち、2011年の東日本大震災の後、衣笠選手と岩手県大船渡市で野球教室を開いたカル・リプケン選手からは、「愛する野球に臨む覚悟や気持ちについて、衣笠さんと私は同じ考えをもっていた。彼と親友でいられることを誇りに思っていた。」などとするメッセージが届いたとのことです。

                                      <合掌>

それでは、

今日の一曲  

広島カープの応援歌

それ行けカープ

若き鯉たち

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会)より

今日は引用は割愛します。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗(のぞ)いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

2017年 民事法研究会  2800円+税

を読んでください。

筆者としては、

まずコラムを読んでいただきたいです。

また、

スポーツ基本法のコンメンタール部分は飛ばしていただき、

最後に読んでいただくと良いと思います。

2018(平成30)年4月25日  

        (NO.126)

スポーツ弁護士のぶさん こと

弁護士辻口信良

太陽法律事務所

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

→友人の辻井一基(つじいかずもと君のブログで、

おもろいもんを見つけてね!

 

2018年4月22日 (日)

ガンバる二刀流大谷翔平

 平和&スポーツあれこれ

   こんばんわ!

新緑の候、すっかり初夏の気配、

場所によっては今日は真夏日(30度以上)のところもあったようですね!

お元気ですか!?     

ぼくは、

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

NO.125

時間の管理ができずに、

目標週1回の更新が遅れました。

ごめんなさい。

ただ、その間、簡単に書くことのできるFacebookには時々反応していました。

平和&スポーツあれこれ

今日は、

大谷翔平の挑戦

1.二刀流大谷翔平=投手と野手

1995年野茂英雄投手で始まった日本人選手のメジャーリーグ挑戦は、

ついに大谷選手が、投手でも野手でも挑戦!!

と言うところまで来ました。

野茂選手のメジャー行きについて、ぼくも多少関係した事実については、

平和学としてのスポーツ法入門 (151p)を参照して下さい。

 今、アメリカでもっとも熱い視線を送られているスポーツ選手のひとりですね。

今日(日本時間4/22)現在、

投手として2勝、ホームラン3本なんです。

スタート直後、すごい猛ダッシュです。

 OTANI SHOWと言われるくらいです。

投手と野手で本格的にメジャーリーグ挑戦する二刀流といえば、

あのベーブルースを思い出すというくらいですから、私たち日本人としてもワクワクですね。

左打者の大谷に対し、ショートが2塁ベース近くまで来て1・2塁間の守備を固める、いわゆる「大谷シフト」までされているんです。

年輩の人は、日本の野球での「王シフト」を思い出されるでしょう。

2.マディソン・バムガーナー

 もっとも、実はメジャーの現役選手に、サンフランシスコ・ジャイアンツの

マディソン・バムガーナーという選手がいます。

彼は、強打の投手として、よく引用される選手です。

今季メジャー10年目で、左腕投手として104勝、バッターとしてこれまで17本塁打。

正確に言うと、

104勝76敗、防御率3.01、通算打率は.185で17本塁打、打点54とのことです。

 その彼が、大谷選手のことを気にしていると報道されています。

それは当然でしょうね。

その記事の中で面白いのは、

彼(バムガーナー)は認めないだろうがとして、

「大谷に少しだけ嫉妬しているかもしれない」と書いている点です。

 ぼくは、

これはとても面白い記事だと思います。

その記者が「彼は認めないだろうが」という表現をしていますが、

表向きバムガーナーが認める認めないにかかわらず、

ぼくは間違いなく嫉妬していると思いますし、それは当然だと思います。

ところで

3.嫉妬は元気の原動力?

 一週間前(4/14)、

元ソフトボール日本代表の名監督が、集会で、自分が獲得できなかった五輪の金メダルを後輩たちが取ったとき、「嫉妬した」とはっきり言っておられました。

でも、それってとても素直な気持ちだし、当たり前ではないでしょうか。

嫉妬から変な行動に移行するのは、もちろんNGですが、

ぼくは、そのように他人をうらやむとか嫉妬することは、当然あって良いし、

そうでなければ、その後のその人の成長がないように思います。

 言葉を換えれば、嫉妬は元気の原動力だと思います。

4.山あり谷あり

 大谷選手、当然これから、いろんながあり、またがあります。

彼は明るいキャラだし、現在好調である山の時にも、偶然ですとかラッキーですと、とても謙虚で、だから好感を持って迎えられているんですが、これから当然谷もやってきます。

そんなときも、できるだけ明るく

「OH!TANI!!」位のギャグでしのいで欲しいと思います。

それでは、

今日の一曲  

かなり古い歌ですが、

今日聞いていたラジオからふと流れてきた

あべ静江

水色の手紙

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会 )より

今日も引用はなしです。

ごめんなさい。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗(のぞ)いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

2017年 民事法研究会  2800円+税

を読んでください。

筆者としては、

まずコラムを読んでいただきたいです。

また、

スポーツ基本法のコンメンタール部分は飛ばしていただき、

最後に読んでいただくと良いと思います。

2018(平成30)年4月22日  

        (NO.125)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

 

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

→友人の辻井一基(つじいかずもと君のブログで、

おもろいもんを見つけてね!

 

 

2018年4月13日 (金)

女児も土俵に上がれない

 平和&スポーツあれこれ

   こんばんわ!

お元気ですか!?

すっかり、春の陽気になってきました。     

ぼくは、

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

NO.124

では、

平和&スポーツあれこれ

前回に続いて、

単にスポーツ界だけにとどまらない根本的な問題を有する

女性とスポーツ(相撲)

の関係で、次のようなニュースがありました。

1.ちびっ子相撲での女児

 4月6日に開かれた、大相撲の春巡業「宝塚場所」で、力士が子どもに稽古を付ける「ちびっ子わんぱく相撲」への、女児の参加が、今年は断られたとのことです。

昨年は、「女児は未就学児のみ」とした上で、3歳程度~小学6年生を抽選で30人募り、女児は4人、土俵に上がったとのことです。

 しかし、今年は「女児は参加できません」として、全面参加禁止になったとのことです。

2.参加できない理由

 日本相撲協会は、取材に対し

「女の子は、傷が残る」ので募集を止めることにした。

今年の地方巡業は全国で同じ対応を取っている」と明らかにしています。

安全重視だというのです。

 しかし、「傷が残るから」というのは、本当の理由でしょうか。

同じ宝塚市の巡業で、

中川智子市長(もちろん女性)が、

「女人禁制」を理由に「土俵上でのあいさつ」を断られ、土俵下であいさつしました。

 そして、この場合、女人禁制の理由は、

前回述べたとおり「女性は不浄である」が根拠なんです。

3.今後の展開

 ぼくは、前回も述べましたし、

ぼくの「平和学としてのスポーツ法入門」(166p)にも書いているとおり、

公益財団法人日本相撲協会は、

「伝統」の意味をはき違えていると思います。

それでは、

今日の一曲  

明るく

「四季」から 春

ヴィヴァルディ

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会 入門●p)より

時間の都合で、今日も休憩です。

明日、東京で

「第11回 女性スポーツ勉強会」があります。

後日、報告させてもらいます。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗(のぞ)いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

2017年 民事法研究会  2800円+税

を読んでください。

筆者としては、

まずコラムを読んでいただきたいです。

また、

スポーツ基本法のコンメンタール部分は飛ばしていただき、

最後に読んでいただくと良いと思います。

2018(平成30)年4月13日  

        (NO.124)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

 

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

→友人の辻井一基(つじいかずもと君のブログで、

おもろいもんを見つけてね!

 

 

2018年4月 6日 (金)

大相撲と女性差別

 平和&スポーツあれこれ

   こんばんわ!

 

お元気ですか!?

 

久しぶりの雨ですね。

 

高校野球選抜大会、

 

大阪桐蔭、おめでとうございます。

 

智辯和歌山はじめその他の高校、

 

残念でしたが

 

「負けるが価値」という言葉もあります。

 

ところで、

 

期間中全く雨が降らなかったことは、これまであったのですか?

 

どなたか教えて下さい。     

ぼくは、

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

NO.123

昨日、広島で知ったニュース、

さっき大阪に帰って来たぼくの考えです。

それは、

土俵に上る女性

4月4日、

大相撲の舞鶴巡業の土俵で市長が倒れたときに、女性の看護師?が救命のために土俵へ上がりました。

これに対する、

「女性の方は土俵から降りて下さい」とのアナウンスへの対応についてです。

1.緊急だから許される?

 マスコミや論者の多くは、命に関わる緊急時だから、伝統を破ってでも、女性が土俵に上ることも許される、と言うのです。

しかし、論点が全くずれています。

つまり、そもそも、

女性を不浄なものとして土俵に上がらせないこと自体おかしい、違法なのです。

 これについて、ぼくは、

「平和学としてのスポーツ法入門」

166pに書きました。

反対説があることを承知の上で、

少し長くなりますが、その部分を引用します。

2.スポーツでの性による差別
 性による差別、

特に女性差別は根深いものがありますが、スポーツ分野も例外ではありません。
 ぼくが担当した、スポーツと関連した女性差別の問題では、大相撲に関連してですが、次の例があります。
 大阪府知事を務めていた太田房江さんが、

大阪3月場所(春場所)千秋楽の知事表彰を直接渡したいと希望し、

私たちのスポーツ問題研究会が、財団法人日本相撲協会に公開質問状を出しました。

 しかし、協会は「伝統」を主張して女性知事が土俵にの上ることを拒否しました。
 伝統の内容は言いませんでしたが、

古代の神に対する奉納儀礼を源とする大相撲、そしてその後の勧進相撲において不浄なものは避ける、からきているようです。

 そして不浄には、

「赤不浄(生理)」「白不浄(出産)」「黒不浄(死)」があり、

この赤と白の不浄の観点から、不浄の者として、女性は土俵に上ることが禁止されているのです。
 ところで、

伝統とは、団体などが長い歴史を通じて培い

伝えてきた制度などですが、

ぼくは、「古くて長い」だけではなく

「合理的」なものが本当の伝統であり文化だと思います。

協会のいう「伝統」は、単なる惰性でしかありません。

別の言い方をすれば、協会のいう「伝統」は、女性知事が表彰に土俵に上がる位でつぶれてしまうほどもろいものなのでしょうか。
 まして、

太田さんは、大阪府知事、即ち公務として表彰するのですから、

女性に対する公務遂行上の差別であるといえます。

ぼくは、太田知事の前任の横山ノック知事(女性問題もあり失脚)が良くて太田さんがダメというのは笑止千万と皮肉って抗議しましたが、変わりませんでした。
 平等の問題として裁判にすれば、興味深い判例ができたと思いますが、

太田さんがそれ以上望まれなかったので、

スポーツ問題研究会もそれ以上深入りしませんでした。

同じ例は、更にその以前森山真弓大臣のときにもありました。

 最近は、女性の国際相撲大会も行われ、

オリンピック競技種目を目指しているとも聞きます。

しかし、

旧態依然とした女性差別の団体・競技が、

オリンピック種目になれるとはとうてい考えられず、

必ず寄り倒されてしまうでしょう。

協会はもっともっと懐(ふところ)深く、

女性をも包み込んで欲しいものです。

 以上が引用文です(民事法研究会 

2017年1月1日出版)。

3.女性はもっと大きな声を

 上にも述べたように、

ぼくは、論点が

「緊急時だから許される」などと矮小化(わいしょうか)されているのが気に入りません。

 ところが、女性の小池東京都知事も、これはネットニュースを見ただけですが、

「自分は敢えて土俵に上がることを望まない」と、同様の趣旨の発言をされています。

総理大臣にもなろうとするリーダーが、公務として表彰するのに、このような遠慮(忖度?)では、

この国の女性差別克服の道はまだまだ遠いと思います。

 ぼくは、

「不浄な女性から生まれてきた君たち(男)は、何者なんだ?」と言いたい。

 スポーツ界でガンバり活躍する女性にも、

このことは大いに議論していただきたいところです。

平和&スポーツあれこれ

それでは、

今日の一曲  

桜前線北上中ですが、

やはり年一回は、この曲を聴きたいですね。

なごり雪

イルカさんです。

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会)より

スポーツにおける女性差別、

今回は引用の166p、上に書かせてもらいました。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗(のぞ)いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

2017年 民事法研究会  2800円+税

を読んでください。

筆者としては、

まずコラムを読んでいただきたいです。

また、

スポーツ基本法のコンメンタール部分は飛ばしていただき、

最後に読んでいただくと良いと思います。

2018(平成30)年4月6日  

        (NO.123)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

 

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

→友人の辻井一基(つじいかずもと君のブログで、

おもろいもんを見つけてね!

 

 

2018年4月 1日 (日)

銃規制への米若者の怒り

 平和&スポーツあれこれ

   こんばんわ!

お元気ですか!

ぼくは

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

NO.122

今日は2018年4月1日

おかげさまで、ぼくのブログ

丸一年を経過しました。

週一回が目標でしたが、

121回、更新できました。

バタバタしている中での

平均、週二回なので、

自分で言うのもこそばゆいですが、

自分をほめてやりたいと思います。

発足当初は、このブログで

ぼくが2017年1月1日に出版した

平和学としてのスポーツ法入門(民事法研究会)

を引用することを中心に考えていました。

ただ、途中から、引用より、

その時々の

平和とスポーツ

の問題点や、ぼくの考えを全面に出すことにしました。

これからも、

週一回を目標に、

気づいた平和とスポーツの問題をブログに書きます。

当初の約束の

平和学としてのスポーツ法入門

引用についても、

2020年

東京オリンピック・パラリンピック

までは続けます。

ただ、このブログの読者には、

既に本を購入していただいた人も多いので、

引用は、ブログの最初ではなく

今日の一曲の後に、続ける形にします。

今日の一曲は、どうしてもぼくの好きな曲になるのですが、読者でご希望の曲がおありならメールや電話で教えて下さい。

 メッセージ性の強い曲にする考えもありますが、そんな固いことばかり言っていても仕方がないので、こだわらずに選びたいと思っています。

更に、

今年は別にフェイスブック(Facebook)と

ツイッター(Twitter)にも挑戦します。

時間をきちんと管理できるかどうか不安ですが、

ガンバって見ます。

批判やチェックを、よろしくお願いします。 

では、

平和&スポーツあれこれ

それでは、4月のスタート、

ガンバるアメリカの若者の話からです。

1.アメリカの銃による殺人

 3月7日のブログでも書いたのですが、アメリカの若者の動きです。

2月14日、フロリダ州の高校で発生した、

19歳の元生徒が起こした銃による17人もの大量殺人に対する抗議行動です。

その抗議は、殺人自体よりもその殺害に使われた銃器所持・銃社会に対する批判です。

2.若者の怒り

 3月24日、銃規制強化を求める「私たちの命のための行進」が、主催者発表によると、全米700カ所で100万人(首都ワシントンで80万人)を超える規模で行われました。

 米メディアによると、銃規制デモとしては過去最大規模とのことです。

若者たちは

①全米ライフル協会(NRA)の金を受け取る政治家を選挙で落とせ!

②銃規制強化法案を通さない政治家を落とせ!

などをスローガンに立ち上がりました。

3.憲法上の権利

 アメリカでは、その立国の経緯から、銃を持つことが市民の憲法上の権利とされています(修正憲法2条)。

そのため、

若者たちの上記抗議活動も、

「若者の一次的な感情」であるなどとして、軽く見られている傾向もあります。

しかし、

「黙ってしまったら、忘れてしまったら、NRAが勝つ。命を守るため、死んだ友人のため戦い続ける」などと、

若者たちは息の長い運動を目指しています。

 トランプ大統領は、

「学校の管理者も銃で武装して侵入者に対処すべき」とか

「一部の銃について取得を困難にする」など、

ぼくに言わせれば、本質を回避した、理想のないずれたことを言っています。

4.平和社会への理想

 ぼくは、

武器に対する基本的な考え方を、

平和学としてのスポーツ法入門の276pのコラム

「本当の意味の国連軍」で書いています。

 ただ、権力者、国のトップが、

いわば「死の商人」である銃器会社から政治資金をもらっているようでは、銃規制に本腰が入らないのも当然だと思います。

ここでは、特にアメリカの若者にガンバれ!

と声を大にして応援したいと思います。

それでは、

今日の一曲  

4月になったので、本当はもうすっかり春ですが

春の予感

尾崎亜美です。

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会 入門●p)より

<サッカー宮本恒靖選手>の引用は次回以降にします。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗(のぞ)いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

2017年 民事法研究会  2800円+税

を読んでください。

筆者としては、

まずコラムを読んでいただきたいです。

また、

スポーツ基本法のコンメンタール部分は飛ばしていただき、

最後に読んでいただくと良いと思います。

2018(平成30)年4月1日  

        (NO.122)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

→友人の辻井一基(つじいかずもと君のブログで、

おもろいもんを見つけてね!

 

 

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »