« 選抜高校野球大会            野茂英雄の挑戦1 | トップページ | 野茂英雄の挑戦 3 »

2018年3月24日 (土)

野茂英雄の挑戦 2

平和&スポーツあれこれ

     こんばんわ!

お元気ですか!?  

学生諸君は春休みですね。

また、卒業・進級・入学・就職など

別れと出会いのシーズンです。   

ぼくは、

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

NO.120

では、

平和学としてのスポーツ法入門(民事法研究会)

と関連して

平和&スポーツあれこれ

今回は、

スポーツ事故対策のシンポジウムがあったので、その報告です。

1.スポーツ(野球)でのケガ防止

 ラテン語のデポルテという語源からして、

スポーツは「楽しむこと」が原点です。

楽しくなければスポーツではない、

これが出発点ですが、ケガをしてしまうと、楽しいはずのスポーツも台なしです。

ケガも、擦り傷や軽い捻挫程度であれば、ケガもスポーツの内という笑い話程度で済ませることもできます。

 しかし、ケガ(事故)によっては重篤な後遺障害が残ったり、場合によっては命を落とすような事故もあり、そのようなことがないようにするのは、競技者としてはもちろん、

指導者にとっても極めて重要な責務です。

 ケガ(事故)防止のために、指導者は現場で、それぞれ工夫したり努力してたりしているのですが、意外と気づいていないことも多く、結果、訴訟になって損害賠償請求事件に発展することもあります。

 先日、シンポジウムがあったので紹介しておきます。

2.知っていますか?

  ケガのない野球指導

このタイトルで、

春分の日の2018年3月21日、

関西大学梅田キャンパスで、3時間以上にわたり、熱心に、討論、発表、シンポジウムが行われたので、概要だけ説明しておきます。

中学・高校での競技人口が多いこともありますが、野球(特に硬式野球)での事故が大変多いのです。

 主催は、高野連、一般社団法人日本スポーツ法支援・研究センターなど、後援は大阪弁護士会(スポーツ・エンターテインメント法実務研究会)、日本スポーツ法学会などでした。

<内容>

(1)事故を防ぐための提言 山中龍宏氏

(2)基調講演 大越 基氏(早鞆高校野球部)

(3)事前アンケートの分析 

   岡本大典弁護士・冨田英司弁護士

(4)ケガを防止するための提言とパネルディスカッション

 ①渡辺元智氏(横浜高校野球部)

 ②新納弘治氏(関大北陽高校野球部)

 ③永田裕治氏(報徳学園高校野球部)

 ④政 英志氏(天王寺高校野球部)

 ⑤金島秀史氏(文の里中学野球部)

※ コーディネーター(座長)を、

  日下 篤氏(高野連、技術振興委員長)

  岡村英祐弁護士

の方々で、特に高校野球を知っているのフアンにとっては大変豪華な顔ぶれで、

満席の250人が参加しました。

 そして、

3時間を超えるシンポにもかかわらず、席を立つ人もなく、大変充実した内容でした。

3.結果の活用

 開催されるシンポジウムは、シンポそれ自体に意義があるわけではありません。

それを、現場での実際に活かし、現実にケガの防止につなげなければなりません。

 この日は、

23日から開催の高校選抜野球大会に関係した指導者も、多く来ておられたようです。

 従って今後、特に「アンケートの分析」などを、各都道府県の高野連などで、

現場の指導者に集まっていただき講義できれば良いのではとの意見が多くありました。

上記、岡本、冨田、岡村の各弁護士などは、いつでも出動できますので、ぜひオファーして下さい。

それでは、

今日の一曲  

を聞いていただきます。

最近の卒業式事情を知らないのですが、

ぼくの時代の卒業式は、全員で「校歌」、

在校生が「蛍の光」、卒業生が「仰げば尊し」が定番でした。「君が代」もありましたね。

現在は、どうなっているんでしょうか。

今日は、

仰げば尊し

コロンビア合唱団

の歌で聞いていただきます。

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会)より

 さて、前回の野茂英雄投手メジャーリーグ挑戦(152p)の続きを引用します。

野茂投手は、

メジャーには行きたいけれど、裁判はしたくない、というのですが・・・。

3.弁護士にできること

ただ弁護士としては、

結果がどうなるかは別として、

最後は裁判で「法的に争う」ことまで委任してもらえないと、受任はできません。

それが、弁護士の仕事ですから。

その点も話しましたが、野茂選手は、やはり訴訟までは・・・との結論でした。
 そこで、

弁護士としては残念だけれど仕事として受任することはできないと伝えました。

ぼくは、そのとき弁護士の仕事の保守性を痛感しました。

大げさにいえば、弁護士は革命家にはなれないと。

それでも

4.野茂英雄とダン野村の挑戦

 それでも、野茂・ダン野村チームはメジャー移籍を敢行し、

① 当時メジャーリーグ選手会が未曾有のストライキをやっていたこと、

② そして本当は残って欲しかったのに、近鉄球団の対応のまずさもあり、

結局

ドジャーズ移籍が決まりました。

<以下、次回>にさせてもらいます。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗(のぞ)いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

2017年 民事法研究会  2800円+税

を読んでください。

筆者としては、

まずコラムを読んでいただきたいです。

また、

スポーツ基本法のコンメンタール部分は飛ばしていただき、

最後に読んでいただくと良いと思います。

2018(平成30)年3月24日  

        (NO.120)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

 

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

→友人の辻井一基(つじいかずもと君のブログで、

おもろいもんを見つけてね!

 

« 選抜高校野球大会            野茂英雄の挑戦1 | トップページ | 野茂英雄の挑戦 3 »

スポーツ代理人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 選抜高校野球大会            野茂英雄の挑戦1 | トップページ | 野茂英雄の挑戦 3 »