« 日本を普(ただ)通の国にするな!!   その2 | トップページ | 日本を普通(ただ)の国にするな!!   その3 »

2017年10月14日 (土)

日本国憲法を普通(ただ)の憲法にするな!!   その2

    おはようございます!

土曜の朝です。

目覚めはどうですか?

仕事や学校は休みですか?

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

引き続いて、

「平和学としてのスポーツ法入門」の解説を

一旦休憩しての、衆議院総選挙特集です。

そうです、

緊急!!

憲法が危ない!

世界の平和が危ない!

 

話を元に戻して、説明します。

(4)国際社会の平和(治安)
前回述べた

国内平和(治安)の問題、

これを

国際平和(治安)に応用して考えてみます。

原理は至って簡単です。

悪いヤツを懲らしめるため、国連軍が動くのです。

それは、国内の悪いヤツを懲らしめるため警察が動くのと同じです。

国連は1945年に発足しました。

この国際社会において、

各国は武器(銃)を保持せず、

平和(治安)の維持は

国連軍が責任を持って行うと考えると,簡単です。

つまり、

国際社会を一つの国家、

 

各国を各家庭、

 

国連軍を警察と考えるのです。

そして仮に、

国連軍による平和(治安)維持機能が、

日本の国内の平和(治安)維持程度に作動するとすれば、

世界中の人々は、

どれほど安全・安心に過ごせるでしょう。

(5)本当の意味の国連軍を

 ところが、

残念なことに現実の国際社会には、

日本における警察に該当する国連軍は存在しません。

ぼくは、

長い目で見て、

現在は、

国連軍による平和(治安)維持機能確立のための、

つまり、

あるべき平和な国際社会への途上だと考えています。

その意味では、

国連軍は国際社会に必須の組織なのですが、

まだ存在しないのです。

ただ、

複雑・冷酷で権謀術策のうずまく

パワーポリティックスの国際政治社会です。

平和な国際社会といっても、

ホント、いつできるのか予測は付きません。

楽観的でプラス思考のぼくのイメージでも、

本当の意味の国連軍ができるのは

300年~500年はかかるのではと思います。

 でも、

平和を守れる本当の意味の国連軍があれば、

各国・各国人民は、間違いなく安心・安全で、

そのことに異論はないでしょう。

 繰り返しますが、

現実は残念ながら各国平和のためには、

その国の武力に頼らざるを得ず、

現在、国際社会では各国が軍隊を保持し、

場合により集団安全保障体制で防衛体制を取っており、

それは、国連憲章や国際法でも認められています。

それが普通の国です。

 でも、国際社会を本当に平和にするためには、それではダメなのです。

私たちは

本当の意味の国連軍

それを創るための智恵を出さなければなりません。

実は現在、平和な国際社会への入り口、

一歩入ったところに日本が立っている状況だと思います。

以下、そのことについて説明します。

(6)憲法9条…永久平和主義

今述べた、

厳しく複雑な国際政治の中にあって、

日本は、1945年、

敗戦に至った特殊な歴史経過から、

何と、国としては
「武器や軍隊を持たずに平和を守ろう」

「非武装で国家を運営」しようとして、

憲法9条や、憲法前文を制定したのです。

 これは、

もちろんアメリカ占領軍の意向でもありましたが、

武器も軍隊も持たない点は、

これまでの各国の憲法や条約での平和主義とは全く異なります。

そのため、単なる平和主義ではなく

「永久」平和主義または

「恒久」平和主義と呼ばれています。

この点が大切です。

(7)永久平和主義と朝鮮戦争
 ただ、この前提には、

国内で武器や軍隊は持たないけれど、

いざというときには国連軍が守ってくれるとの

期待、歴史展望がありました。
そして、

敗戦直後の日本国民は、沖縄戦、大空襲、

二つの原爆も含め極めて悲惨な被害、

さらに、

一方で、朝鮮半島や中国などでの加害行為を体験していましたから、

この永久平和主義は、

大きな支持を受け、

また期待を持って出発したのです。
 しかし、

実際の国際政治は、

1950年、朝鮮戦争が勃発しました。

それは3年後に休戦になりましたが、

そのため

本当の意味の国連軍創設は、遠のいてしまいました。

 一方でアメリカは、

日本を非武装にした上、

第二次世界大戦後の対ソ戦略の一環として利用しようと考えており、

朝鮮戦争開始とともに日本へ再軍備を求め、

反共の砦として日本を位置づけたのです。

そして、日米安保体制ができました。

(8)憲法9条と日米安保体制
 これ以降、

冷戦構造の国際政治における

憲法9条と日米安保体制の矛盾の中で、

警察予備隊、保安隊、自衛隊と名称を変えつつ、

現在日本国内には、世界有数の実力を持つ、実質軍隊が存在するのです。

そして、

一方では、非核三原則や武器輸出三原則など、

わが国が悩みながら、苦労し対応してきた歴史があります。

長くなりすぎたので、次回に回します。

 

さて、

今日の一曲  

秋です

小さい秋見つけた

<おまけのひとことふたこと>

◆U19(19歳以下)のアジアサッカーで、オーストラリアが、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の選手の入国を拒否したとの、ニュースがありました。

北朝鮮が、国連の再三の警告・制裁を無視してミサイル発射などを繰り返すため、その制裁の意味があります。

 スポーツと政治、もちろん密接に絡んでいるのですが、ぼくは、政治はスポーツに対しては抑制的に動くべきだと考えています。

特にこの件、北朝鮮の子どもたちが、これにより、どのように気持ちを動かすのか、関心があるとともに、心配でもあります。

子どもたちには責任はありませんし、子どもたちに与えられる情報が限られている中、逆恨みなどで、狂信的な方向に行く危険も十分考えられるからです。

この点、前の大戦後、当時の日本の多くの軍国少年が、自分の狂信的な体験を語りつつ反省し、現在の日本国憲法を支持している事実と重ねて考えてみましょう。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会 2800円+税)

を読んでください。

2017(平成29)年10月14日  

        (NO,76)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

 

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

友人の辻井一基君の、上記おもろいもんみっつけたで、

おもしろいものをいろいろさがしてください。

 

« 日本を普(ただ)通の国にするな!!   その2 | トップページ | 日本を普通(ただ)の国にするな!!   その3 »

平和と政治」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。