« スポーツは人を殺さない | トップページ | ナショナリズム              三つのナショナリズム »

2017年9月14日 (木)

ナショナリズム                   ナショナリズムとは

   こんばんわ!

巨大な台風が、不気味に接近していますが、

お元気ですか!?

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

戦争と異なり、

スポーツが人を殺さないことは前回説明しましたが、

今回は、ナショナリズムです。

8.ナショナリズム

       (nationalism)

(1) ナショナリズムとは

 政治学や社会学でよく語られる

ナショナリズムとは何でしょうか。

ネイション(nation)の語源は、ラテン語の「生まれ」の意味を持ち、人々、親族、部族、階級、群衆などの意味を持つようになりました。

広辞苑によるとナショナリズムは

「民族国家の統一・独立・発展を推し進めることを強調する思想又は運動。」とされ、

民族主義・国家主義、国民主義・国粋主義などと訳されています。

丸山真男先生は、「ネーションの統一、独立、発展を志向し、推し進めるイデオロギーおよび運動。」と定義されています。

(2) ナショナリズムの作用

 ナショナリズムには

① 文化が共有されると考えられる範囲まで、

政治的共同体の版図を拡大する作用、

② 政治的共同体の掌握する領域内に存在する複数の文化を、支配的な文化に同化しようとする作用

 の二つの大きな作用があるとされます。

「平和学としてのスポーツ法入門」の中で、ぼくがナショナリズムを考えるのは、

スポーツと平和をリンクさせるのに、この概念が役立つと考えたからです。

(3) 権力欲との通底と

   ナショナリズム三態

 ぼくは、ナショナリズムは、

既に述べた「権力欲」と通底し、

戦争時にそれが最も極大化する代物(しろもの)だと理解しており、
ナショナリズムについて三つの態様があると考えます。

◆本来的ナショナリズム

 

◆戦争的ナショナリズム

 

◆競争的ナショナリズム

この三つです。

次回に説明します。

今日の一曲  

おやじが、二十歳になった息子と歌う歌。

野風増 

河島英五

<おまけのひとことふたこと>

12日、

テニスの伊達公子選手(46歳)が引退しました。

164㎝と、世界のテニス選手としては小柄ながら、

一時は世界4位にランク。

一度引退して12年後の2008年に復帰、

プロ生涯450勝271敗。

ぼくも、1996年、当時ナンバーワンだったグラフ(ドイツ)に勝った試合を覚えています。

東京有明の森、ジャパンオープン最終戦は、

0-6、0-6、奪ったポイントも合計13。

涙と、そして笑顔。

おつかれさまでした。

さあ、これから第二の人生、

がんばれ公子!

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会 2800円+税)

を読んでください。

2017(平成29)年9月14日  

        (NO,64)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

にもアクセスしてね。

« スポーツは人を殺さない | トップページ | ナショナリズム              三つのナショナリズム »

創る平和」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。