« 憲法とスポーツ 日本国憲法の理念 国民主権 | トップページ | 永久平和主義 1 広島 そして長崎 »

2017年8月 8日 (火)

基本的人権尊重

    こんにちは!

お元気ですか!?

台風5号、大丈夫でしたか?

最近は雨、特に局地的な集中豪雨が怖いですね。

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

2.日本国憲法の理念

日本国憲法には、

(1)国民主権主義(民主主義)

(2)基本的人権尊重主義

(3)永久平和主義

と三つの理念があり、今回は

(2)基本的人権尊重主義
 基本的人権とは、人間が生まれながらにして有する自然権であるとか天賦の権利であると言われています。

そしてこの権利は、

古くは古代ギリシャの思想、そして近代に至って、ホッブス、ロック、ルソーなど西洋の思想家によりその概念が明確化し、1776年のアメリカ独立宣言、1789年のフランス革命での人権宣言に、その具体的な姿を現したとされています。

 人権思想は、世界史的にはこれらの流れを発展させながら、更に第二次世界大戦後、「国連憲章」(1945年)や「世界人権宣言(1948年)として引き継がれています。

 日本国憲法では,

「第3章 国民の権利及び義務」として規定されています。
基本的人権には、大きく分けて

「自由権的基本権」と「社会権的基本権」があるとされています。

簡単に説明します。

① 自由権的基本権
 自由権的基本権としては、
ⅰ まず、人身売買など肉体的な奴隷的拘束・苦役からの各自の自由(18条)が認められること。
ⅱ 次いで、内心の思想および良心の自由(19条)、信教の自由(20条)が確保されることにより、各自が伸びやかで自由な精神状態を維持・研鑽・確保して自分の考えを持ち、布教などもできること。
ⅲ 更に、表現の自由(21条)によって、自由に取材したり知ったりして、それを対外的に発信・発表し、自身を磨くと共に、相手方と議論して切磋琢磨し、お互いを高めることで、より良い考え方や社会を目指すこと。
ⅳ しかも、居住・移転、職業選択の自由(22条)により、どこへでも出かけたり、身分などにとらわれず、どこにでも住んで自由に職業を選ぶことができること。
ⅴ そして、先入観を持たず何ごとにも関心や疑問を持ち、それを究明するため、学問の自由はこれを保障する(23条)と規定されています。
 これらが自由権と呼ばれる基本的人権です。

② 社会権的基本権
 基本的人権は今述べた自由権が基本ですが、

それら自由をそのまま野放しにすると、どうしても弱者が虐げられたり放置されがちになります。

 このような弱肉強食社会は不合理な格差社会であり、人間社会の歴史としては相応しくないというのが、

修正資本主義経済社会での福祉国家論です。

ⅰ その観点から、みんなが健康で文化的な生活を営むことができるようきちんと社会福祉を行うこと(25条)。

ⅱ その前提として、だれもが平等に教育を受ける権利を持ち、自分を発揮できる知識・体力を確保すること(26条)。

ⅲ 勤労することや、実際の働く現場での労働者の団結権、団体交渉権、争議権などを確保する(27・28条)。
 これらが社会権的基本権と呼ばれる基本的人権です。

③ 社会主義国家の挑戦

 このような、資本主義国家の福祉国家論に対し、もっとドラスティックに改革を進めようとしたのが、ソ連型共産主義でした。

1917年、ちょうど、今から100年前にロシア革命が起こり、ソ連に社会主義政権ができました。

 しかし、結論的に言うと、この挑戦は、20世紀の後半に失敗が明らかになりました。

④ 今後の行方

 ソ連型社会主義が失敗したと言っても、

それは、必ずしも資本主義社会の勝利を意味しません。

この点は、きわめて重要なポイントですので押さえて下さい。

 本書の守備範囲ではありませんが、

たとえば、新自由主義は、新たな格差社会を生み出しており、ぼくたちは未来に向けて大変難しい進路の選択を求められています。

また、EUもいわば恵まれた国同士の互助組織であり、問題点を抱えています。

このような間隙を縫って、ファシズムが台頭するとの見解もあります。

次回は、日本国憲法での最も先駆的であり理想主義であるが故に、なかなか受け入れられない(3)永久平和主義について、説明します。

では、

今日の一曲  

この前、「石川啄木の初恋」を選びましたが、

初恋なら、この歌ですと推薦がありましたので、

村下孝蔵

初恋

<おまけのひとことふたこと>

台風5号のため、本日、1日遅れで

夏の甲子園、

第99回全国高校野球選手権大会が始まりました。

開会式前日に順延決定、気象予報の進化もすごいですね。

勝者に栄光あれ!

敗者には、既に何度か書きましたが、

負けるが価値の精神を見直して下さい。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会)を読んでください。

2017(平成29)年08月8日  

          (NO,50)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

住所 〒530-0047

    大阪市北区西天満4-8-2 

         北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

http://www.taiyo-law.jp/

« 憲法とスポーツ 日本国憲法の理念 国民主権 | トップページ | 永久平和主義 1 広島 そして長崎 »

創る平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 憲法とスポーツ 日本国憲法の理念 国民主権 | トップページ | 永久平和主義 1 広島 そして長崎 »