« スポーツ三つの現代的意義   国家的意義 | トップページ | 戦争の発生原因    外的要因と内的要因 »

2017年8月31日 (木)

スポーツ三つの現代的意義   国際的意義

    おはようございます!

8月も今日が最終日。

1年の3分の2は終わり。

お元気ですか!?

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

スポーツが持つ

個人的・国家的・国際的

のうち、今回は、平和とも関係する

国際的意義について、説明します。

(3) 国際的意義
 この点は、

あまり語られていないのですが、

ぼくは、スポーツの持つ

この国際的意義を強調したいと考えています。

この点、後日書かせていただく、

オリンピック憲章とも関係しています。

結論からいえば

「スポーツの平和創造機能」についてです。
 スポーツにとって、

この国際的意義が、世界史・人類史の中で大変大切な位置を占めており、

ぼくは、今後21世紀の世界の中で、益々重要性を増すと確信しています。
 理論的にいうと、

これから徐々に武器を放棄していく(べき)

国際社会の中で、

にもかかわらず

人間の権力欲・闘争本能を満足させる方法として、

スポーツは、

いわば戦争の代替・補償機能としての意味を持つのです。
 その意味では、これまでの

「武器を放棄する

受動的平和的生存権」だけでなく

「武器をスポーツ用具に持ち替える

能動的平和的生存権」を確立するための有力な手段として意義付けられます。

即ち、

これは、恐らくぼくだけの考えなんですが、

後で述べる

憲法9条の現代的課題とも直結して位置づけられるのです。

 この点、次回からもう少し詳しく説明します。

では、

今日の一曲  

8月ももう終わりです。

世界で一番暑い夏

プリンセスプリンセス

<おまけのひとことふたこと>

アメリカのトランプ大統領が、

白人至上主義者をきちんと批判しないことが、全米で問題になっています。

リーダーとして、本当にレベルが低いですね。

「人は生まれながらにして肌の色や生い立ち、宗教を理由に、他人を憎むことはない。

 

憎むことを学べるなら、愛することも学べるだろう」(マンデラ 南アフリカ元大統領)。

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会 2800円+税)を読んでください。

2017(平成29)年8月31日  

        (NO,59)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

« スポーツ三つの現代的意義   国家的意義 | トップページ | 戦争の発生原因    外的要因と内的要因 »

創る平和」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。