« スポーツ三つの現代的意義   個人的意義 | トップページ | スポーツ三つの現代的意義   国際的意義 »

2017年8月30日 (水)

スポーツ三つの現代的意義   国家的意義

     こんばんわ!

29日の早朝のミサイル騒動、

平和に関連するので、後の

「おまけのひとことふたこと」を

参照して下さい。

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

スポーツは、

現代社会において不可欠な三つの重要な意義、

つまり、個人的・国家的・国際的

意義を有しているのですが、今日は国家的意義です。

社会的意義と言っても良いでしょう。

 

(2) 国家的意義

国家的(社会的)意義とは、

スポーツが、国家あるいは社会にとっても価値があり有益だということです。

個人的意義との関係で、適度なスポーツ(運動)により健康な人が増えることとも関係しますが、

ひとつは医療費の削減に繋がります。

この点については、既に医学的な統計資料も発表されています。

 わが国では2015年の国勢調査で、65歳以上が4分の1を超え、超高齢化社会に突入との報告がありました。長寿は喜ばしいですが、大切なのは健康寿命です。

病でベッドで寝たきりのまま、年齢だけを重ねることを望む人はいないでしょう。

ちなみに、わが国では医療費は、年間40兆円以上かかっており、その内国庫(税金)負担になるのは16兆円くらいでしょうか。

 いずれにしても、

そんな中、元気で健康な熟年・老人が増えるのは、

国家社会としても有益で、

一方でボランティア活動に従事してもらえる、

他方次世代への知識・智恵の承継など、

社会的財産(人財)としても有効です。

また、

共通の趣味や話題としてのスポーツは、

人と人をつなぎ、

老若男女を問わず、

地域社会の活性化・宥和、交流を充実促進させる利点もあります。

その結果、

まち興しなど地域の活性化や

地域の一体感の醸成にも役立ちます。

 ここで書くことの程ではありませんが、

ぼくはタクシーに乗ると、まずタイガースの話をします。

大阪では、だいたいそれで目的地に着くまで話が盛り上がり、

同じ15分か20分、楽しく過ごせるのです。

野球でなくても、

スポーツは共通の話題としては、

分かりやすく、

交流におけるとても良い道具だと思います。

次回は、

国際的意義について考えてみましょう。

それでは、

今日の一曲  

ケツメイシ  

夏の思い出

<おまけのひとことふたこと>

29日早朝、北朝鮮が弾道ミサイルを発射、北海道の上空を通過、太平洋上に落下しました。

 全く困った金正恩です。

ただ、彼は恐怖に駆られ、必死に精神状態を保ちながら(かなり壊れかかっている)、それでも微妙に計算した行動をとっています。

 叔父や兄らを殺害、粛正し、いつ自分が殺られるかもしれないとの恐怖も一方でありながら、正恩は、ぼくたちが現在、何も脅威を感じていないアメリカの核に、四六時中ビクビクして、虚勢を張っていることが、容易に推認できます。

 北の立場を客観的・歴史的に見れば、北の何百倍も強力な核を含むアメリカの軍事力に包囲威嚇され(米韓軍事演習)、正恩としては、全く生きた心地がしていないのでしょう。

 平和学としてのスポーツ法入門の立場からすれば、北に対する対応は、「守る平和」の立場から、きちんと対処する必要がありますが、

一方で、だからこそ理性のあるぼくたち一人一人の民衆が、

スポーツを中心にした「創る平和」の諸々の運動を活性化させ、無法な反歴史勢力を包囲していかなければなりません。

 誤解を恐れずに言えば、仮にミサイルが落ちても、全面戦争にしてはならない、絶対にそうしない・させないという環境を整えておく必要があるのです。

 ぼくなどは、1962年のキューバ危機の時の恐怖を、当時テレビで見ながら感じていたので、今回のことで、そのときほどの恐怖に駆られてはいませんし、マスコミなどはもっと冷静に対応して欲しいと思います。

 安倍さんなどは、支持率がアップすると内心にんまりしているようにも思いますし、こんなことで、軍需産業(死の商人)が活性化するなんて、まっぴらです。

またどこかで、きちんと書きましょう。

 

 今日も

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました 

また、覗いてください。

詳しくは、

 2020年までに、

平和を愛する人必読の

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会 2800円+税)を読んでください。

2017(平成29)年8月30日  

        (NO,58)

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

住所 〒530-0047

大阪市北区西天満4-8-2 

北ビル本館4階

TEL 06-6361-8888

FAX 06-6361-8889

e-mail 

nob@taiyo-law.jp

太陽法律事務所ホームページ

おもろいもんみっつけた

« スポーツ三つの現代的意義   個人的意義 | トップページ | スポーツ三つの現代的意義   国際的意義 »

創る平和」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。