« 1兆円の話 その5 人間として | トップページ | 参加することに意義がある 円谷幸吉その1 »

2017年7月23日 (日)

1兆円の話 その6 スポーツの平和創造機能

    

更にもう一回、 こんばんわ!

お元気ですか!?

スポーツの平和創造機能を語り続ける

スポーツ弁護士のぶさん です。

連載の形になっていますが、

この本で、一番読んで欲しいコラム

「1兆円の話」の最終です。

1.1兆円を差し上げます(39回)

2.100兆円と5兆円(40回)

3.戦闘機とスポーツ予算(41回)

4.100億円ちょうだい(42回)

5.人間として(43回)

<前回までのあらすじ>

 毎日100万円使って1兆円使い切るのに約3000年かかること、

日本の年間の国家予算が100兆円、国防予算が5兆円であること、

戦闘機一機が100億円、スポーツ予算が200~300億円であることなどを説明しました。 

そして、子どもたちのスポーツによる国際交流のため、

ぼくに戦闘機一機分下さいと書きました。

行き先の外国は、不仲な国、中・韓・北朝鮮。

今回はまとめで

6.スポーツの平和創造機能
(1) 感受性ある子ども達

ほんの数日のことですが、子ども達は、どこにも同じような日常生活があること、

同じスポーツルールで戦ったことを、文字通り肌で感じて自国に帰ります。

そしてお互いに、試合の様子や結果も含め、言葉や食事内容など、良いこと悪いこと、相手方の国の話しをするでしょう。

感受性の強い時期ですから、何でも素直に見聞し吸収し話します。

そして、話を聞いたそれぞれの家族や友達も、その国に関心を持ち始めるかもしれません。

それもまた、大切なのです。

明らかに不正確、また誤った情報については、同行した指導者や、話を聞いた家族などが修正や訂正する必要もあります。

 いずれにしても、外国の子とメール交換を始める子どももごく普通に沢山出てくるでしょうし、その国の言葉に関心を持ったり、将来留学をする子もいるはずです。

(2) 5兆円の500分の1を子ども達に

 猜疑心を含めてのパワーポリティックの現代国際社会、

ぼくは、決して非武装を主張するものではありませんが、

武装による国防予算5兆円の500分の1を、

スポーツによる平和のため、子ども達に使わせて欲しいのです。
 ぼくの計画による事業を10年続けてみてください。

間違いなく世の中は変わるとぼくは確信します。
 だから言いたい!

ぼくに毎年100億円ちょうだいと。

ぼくの「創る平和」の重要なテーマです。

(3) 10億円でも・・・
補足しますと、現在でも困難の中、

日韓・日中などで、スポーツ関係者が、スポーツを通じて相互交流されていることは知っています。
 しかし、ぼくは、100億円を子どもたち、2020年のメダリストたちに使ってほしいのです。
 まあ、貧乏性のぼくとしては、戦闘機の尾翼部分くらいの

毎年10億円でもいいかなあと思っています。

それでも毎年1万人は、若者同士のスポーツ交流ができます。

よろしくお願いします。

 

今日の一曲  

ぼくと同世代の人には懐かしい

舟木一夫

夏子の季節

<おまけのひとことふたこと>

この1兆円の話は、どうしてもできるだけまとめて書こうと思い、今日福井から帰って来て、3回分書いてしまいました。

ぼくの思いが伝われば幸いです。

 

1兆円の話

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました 

また、覗いてください。

詳しくは、

 

平和学としてのスポーツ法入門

(民事法研究会)で確認してください。

2017(平成29)年07月23日  

(NO,44)

おもろいもんみっつけたの辻井一基君 いつもありがとう>

スポーツ弁護士のぶさん こと

太陽法律事務所 弁護士辻口信良

« 1兆円の話 その5 人間として | トップページ | 参加することに意義がある 円谷幸吉その1 »

創る平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1兆円の話 その5 人間として | トップページ | 参加することに意義がある 円谷幸吉その1 »